日本神話の簡単な流れをまとめましたへようこそ!

日本書紀と古事記の内容で有名な話を解説しています。

日本書紀・古事記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

4アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話

7ニニギの神話

8海彦・山彦の神話

10日本神話の最後に…

ランダムに記事を表示↓
  • 天と地が分かれた所から、日本の創世は始まります。 まず天上界である高天原にアメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カムムスヒといった三柱のが現れては姿を消しました。

  • ヤガミヒメがオオナムチを選んだ事で、激怒する八十神達。オオナムチの殺害計画を立てます。 オオナムチを伯多(ほうき)国の手間の山(現在の鳥取県と島根県の境の山)まで連れだし、「ここに赤い猪が居る。

  • 葦原中国の主となったオオクニヌシは、さっそく国造りに取りかかります。 その時、海の向こうからガガイモで作った船にのり、ヒムシ(蛾など)の皮で作った衣服をまとった小さな神がやってきました。

  • 最初に居たのが別天津神、タカギの神やカムムスヒの神の事です。この神らは男女の性差はなく、一人で子を産めました。 次にイザナミとイザナキから生まれたのが天津神。高天原の神々の事です。