日本神話の簡単な流れをまとめましたへようこそ!

日本書紀と古事記の内容で有名な話を解説しています。

日本書紀・古事記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

4アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話

7ニニギの神話

8海彦・山彦の神話

10日本神話の最後に…

ランダムに記事を表示↓
  • 無事に婚約者のミヤズヒメの元へと帰ったヤマトタケル。約束通り結婚し、次は伊吹山の神を倒しに行きます。これまで負け無しだったので油断したのか、叔母であるヤマトヒメから授けられた草薙の剣をミヤズヒメの元に置いてきてしまいます。

  • 父神のイザナキの命を受け、アマテラスとツクヨミはそれぞれの統治する国へ赴きます。しかし末っ子のスサノオだけは亡き母神のいる根の国(黄泉の国)に行きたいと、大人になっても泣いてぐずっていました。

  • 田んぼに汚物をまき散らすなど、数々の乱暴を働いたスサノオ。アマテラスを怒らせた罪は重く、高天原の神々はスサノオの追放を決定します。追放にあたってはスサノオは、ひげと爪を切られ、償いの品々を払わされます。

  • スサノオの試練を無事に乗り越え、宝まで奪ってきたオオナムチ。国に戻ると八十神を打ち倒して、国土を統一します。葦原中国(地上の世界)の主、オオクニヌシとなりました。 さて、このオオクニヌシは多くの矛を持つ武神、ヤチホコとも呼ばれました。