日本神話の簡単な流れをまとめましたへようこそ!

日本書紀と古事記の内容で有名な話を解説しています。

日本書紀・古事記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

4アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話

7ニニギの神話

8海彦・山彦の神話

10日本神話の最後に…

ランダムに記事を表示↓
  • 父神のイザナキの命を受け、アマテラスとツクヨミはそれぞれの統治する国へ赴きます。しかし末っ子のスサノオだけは亡き母神のいる根の国(黄泉の国)に行きたいと、大人になっても泣いてぐずっていました。

  • 禊とは「水ぎ」ともいい、身体についた汚れを清浄な水で落とすことです。普段は全く意識していませんが、神社の手水屋で手をすすぐのは禊の一つだと言えるでしょう。

  • 熊襲に加え、出雲まで平定して意気揚々と国に凱旋するヤマトタケル。しかし父親の景行天皇からはねぎらいや賞賛はなく、直ちに次は東の地の遠征を命じられました。 ヤマトタケルは東に向う前に、再び叔母のヤマトヒメの元を訪れて弱音を吐きます。

  • ヤガミヒメがオオナムチを選んだ事で、激怒する八十神達。オオナムチの殺害計画を立てます。 オオナムチを伯多(ほうき)国の手間の山(現在の鳥取県と島根県の境の山)まで連れだし、「ここに赤い猪が居る。