日本神話の簡単な流れをまとめましたへようこそ!

日本書紀と古事記の内容で有名な話を解説しています。

日本書紀・古事記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

4アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話

7ニニギの神話

8海彦・山彦の神話

10日本神話の最後に…

ランダムに記事を表示↓
  • 何度か出てきた誓約(うけい)。古代の占いや賭の事ですが、もう誓約と書いて「うけい」と呼ぶのは、日本神話の中だけと思われます。しかしこの「うけい」、現代の日常生活の中でも充分に受け継がれています。

  • 古事記が先に書かれ始め、完成する前に日本書紀も編集され始めました。二つは同じ天武天皇の命によって制作されます。

  • 天と地が分かれた所から、日本の創世は始まります。 まず天上界である高天原にアメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カムムスヒといった三柱のが現れては姿を消しました。

  • 追放されたスサノオは、出雲の国の斐伊川の上流に降り立ちました。そこでスサノオは泣いている娘と老夫婦に出会います。名前を尋ねると、夫はアシナヅチ、妻はテナヅチといい、娘はクシナダヒメだと答えました。