日本神話の簡単な流れをまとめましたへようこそ!

日本書紀と古事記の内容で有名な話を解説しています。

日本書紀・古事記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

4アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話

7ニニギの神話

8海彦・山彦の神話

10日本神話の最後に…

ランダムに記事を表示↓
  • 第四の使者である剣の神タケミカヅチ。早速オオクニヌシに国譲りを迫ります。すると、オオクニヌシは息子達に聞いてくれと、判断を息子達にゆだねます。

  • オオクニヌシからの国譲りが成立し、ついにオシホミミが地上に降りる時がやって来ました。そんな中、オシホミミは自分に子供が出来たのでそちらを降臨させるよう提案します。アマテラスはこれを了承、地上に降りるのは孫の二ギギとなりました。

  • 大八島国(日本列島)を産んだイザナキとイザナミは、その後も島を産みます。後に生まれたのは吉備児島、小豆島などの六つの島を生み、国生みは終わります。国生みを終えた後は、二柱の神は次に数多くの神を産みます。 その数は、なんと三五柱。

  • 最初に居たのが別天津神、タカギの神やカムムスヒの神の事です。この神らは男女の性差はなく、一人で子を産めました。 次にイザナミとイザナキから生まれたのが天津神。高天原の神々の事です。