日本神話の簡単な流れをまとめましたへようこそ!

日本書紀と古事記の内容で有名な話を解説しています。

日本書紀・古事記 カテゴリー別 記事一覧

全ページの記事一覧です。
番号の若い順に上から読み進めても、必要な所を選んで読んでもOKです。

4アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話

7ニニギの神話

8海彦・山彦の神話

10日本神話の最後に…

ランダムに記事を表示↓
  • 古事記が先に書かれ始め、完成する前に日本書紀も編集され始めました。二つは同じ天武天皇の命によって制作されます。

  • 亡くなったイザナミへの恋しさが募るイザナキ。寂しさに耐えきれなくなったイザナキは、死者の国である黄泉の国へと赴きます。黄泉の国を訪れたイザナキを出迎えるイザナミ。その姿は生前と変わらず、イザナキは国へ一緒に帰ろうと懇願します。

  • 父神のイザナキの命を受け、アマテラスとツクヨミはそれぞれの統治する国へ赴きます。しかし末っ子のスサノオだけは亡き母神のいる根の国(黄泉の国)に行きたいと、大人になっても泣いてぐずっていました。

  • 『古事記』と同じく、天武天皇の命によって制作された歴史書です。全三〇巻と系図が一巻。全三巻の古事記と違い、とても長いです。『日本書紀』の制作には多くの官僚が携わり、国家プロジェクトだったと言われています。