スサノオのヤマタノオロチ退治

PR

追放されたスサノオは、出雲の国の斐伊川の上流に降り立ちました。そこでスサノオは泣いている娘と老夫婦に出会います。名前を尋ねると、夫はアシナヅチ、妻はテナヅチといい、娘はクシナダヒメだと答えました。更にスサノオが泣いている理由を尋ねると、「ヤマタノオロチが毎年やってきて、八人居た娘のうち七人まで食べてしまいました。今もまた、ヤマタノオロチヤマトノが来る頃で、この娘も犠牲になってしまいます」と、泣き崩れました。

詳しくきくと、ヤマタノオロチはその名の通り八つの頭と尾を持ち、谷や山の屋根を八つも超える巨大な蛇。その目は赤く燃え、いつも血で爛れている怪物だと言います。

スサノオはヤマタノオロチ退治を決めます。自らアマテラスの弟だと身分を明かし、クシナダヒメを嫁にもらうことを条件にヤマタノオロチ退治を引き受けます。まずクシナダヒメを櫛に変え、自分の頭にさします。そして老夫婦に強い酒を用意させ、八つの門を造りそこに八つの酒船を置いておくように命じました。

準備を整えてスサノオが待っていると、ヤマタノオロチがやって来ました。ヤマタノオロチはすぐさまに酒船の酒を飲み干し、酔いつぶれて寝てしまいました。そこでスサノオは飛び出し、ヤマタノオロチを剣で切り刻みました。斐伊川はヤマタノオロチの血で赤く染まったといいます。

スサノオがヤマタノオロチを切っていた所、不意に剣の刃が欠けてしまいます。なんだと見れば、尾の辺りから一振りの太刀が現れました。スサノオはこれをアマテラスに献上、三種の神器の一つとなる草薙の剣です。

こうしてスサノオはヤマタノオロチを無事退治しました。クシナダヒメと結婚し、この地に宮を建てて暮らしました。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA