五穀の誕生

PR

田んぼに汚物をまき散らすなど、数々の乱暴を働いたスサノオ。アマテラスを怒らせた罪は重く、高天原の神々はスサノオの追放を決定します。追放にあたってはスサノオは、ひげと爪を切られ、償いの品々を払わされます。ひげと爪は穢れが溜まりやすいと考えられていました。そのひげと爪を切ること身についた穢れを落とすこと、償いの品々を支払うのは罪を償うことを表しています。

こうして高天原から追放されたスサノオ。道すがら、穀物の女神オオゲツヒメに食べ物を求めました。オオゲツヒメは求めに応じますが、鼻や口、尻から食物を出した為、スサノオは汚らわしいと激怒。オオゲツヒメを斬り殺してしまいます。

すると、殺されたオオゲツヒメの身体から次々と食物が生えてきました。目には稲の穂が、耳には栗が、鼻には小豆が、尻からは大豆が、陰部からは麦がそれぞれ生えてきました。これらをカムムスビという神が刈り取り、それぞれの種にしたのが五穀の紀元です。

『日本書記』によれば、保食神(モチウケノカミ)(オオゲツヒメのこと)を斬り殺したのはツクヨミとなっています。アマテラスの命によって保食神の元を訪れたツクヨミはもてなしを受け、激怒。理由はスサノオと同じく、保食神が食物を口などから出したから。

斬り殺された保食神の身体からは、同じように穀物が次々と誕生します。そして、アマテラスはこのツクヨミの暴挙に怒り、「お前とは一緒に住みたくない」と絶縁宣言。こうして昼と夜が分かれるようになった、と『日本書記』にはあります。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA