五穀の誕生

田んぼに汚物をまき散らすなど、数々の乱暴を働いたスサノオ。アマテラスを怒らせた罪は重く、高天原の神々はスサノオの追放を決定します。追放にあたってはスサノオは、ひげと爪を切られ、償いの品々を払わされます。ひげと爪は穢れが溜まりやすいと考えられていました。そのひげと爪を切ること身についた穢れを落とすこと、償いの品々を支払うのは罪を償うことを表しています。

こうして高天原から追放されたスサノオ。道すがら、穀物の女神オオゲツヒメに食べ物を求めました。オオゲツヒメは求めに応じますが、鼻や口、尻から食物を出した為、スサノオは汚らわしいと激怒。オオゲツヒメを斬り殺してしまいます。

すると、殺されたオオゲツヒメの身体から次々と食物が生えてきました。目には稲の穂が、耳には栗が、鼻には小豆が、尻からは大豆が、陰部からは麦がそれぞれ生えてきました。これらをカムムスビという神が刈り取り、それぞれの種にしたのが五穀の紀元です。

『日本書記』によれば、保食神(モチウケノカミ)(オオゲツヒメのこと)を斬り殺したのはツクヨミとなっています。アマテラスの命によって保食神の元を訪れたツクヨミはもてなしを受け、激怒。理由はスサノオと同じく、保食神が食物を口などから出したから。

斬り殺された保食神の身体からは、同じように穀物が次々と誕生します。そして、アマテラスはこのツクヨミの暴挙に怒り、「お前とは一緒に住みたくない」と絶縁宣言。こうして昼と夜が分かれるようになった、と『日本書記』にはあります。

スポンサードリンク

『アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話』 の記事一覧
  • 神生み勝負

    父神のイザナキの命を受け、アマテラスとツクヨミはそれぞれの統治する国へ赴きます。しかし末っ子のスサノオだけは亡き母神のいる根の国(黄泉の国)に行きたいと、大人になっても泣いてぐずっていました。

  • 天岩戸

    「誓約」の後、スサノオは勝った事に調子に乗り、アマテラスの田んぼを壊し、御殿で汚物をまき散らす等の乱暴を働きます。スサノオがやらかす度にアマテラスは弟を庇いますが、調子に乗ったスサノオは止まりません。

  • スサノオのヤマタノオロチ退治

    追放されたスサノオは、出雲の国の斐伊川の上流に降り立ちました。そこでスサノオは泣いている娘と老夫婦に出会います。名前を尋ねると、夫はアシナヅチ、妻はテナヅチといい、娘はクシナダヒメだと答えました。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.