天岩戸

「誓約」の後、スサノオは勝った事に調子に乗り、アマテラスの田んぼを壊し、御殿で汚物をまき散らす等の乱暴を働きます。スサノオがやらかす度にアマテラスは弟を庇いますが、調子に乗ったスサノオは止まりません。ついに機織りの部屋に馬の皮を投げ入れ、それによって中に居た機織女が死んでしまいます。

これにはついにアマテラスの堪忍袋の緒が切れ、天岩戸に閉じこもってしまいました。太陽の化身でもあるアマテラスが天岩戸に隠れた為、世界は闇に閉ざされてしまいます。八百万の神々は集まって相談し、思慮の神オモイカネを中心に作戦をたてます。

まずタマノオヤに玉飾りを、イシコリドメに鏡を作らせると、これらをマサカキ(サカキ(榊)のこと)に結びつけました。そしてアメノコヤネが祝詞を献上するなか、玉飾りと鏡を結んだマサカキを携えた神々が岩戸の外を取り囲みます。岩戸の前ではアメノウズメが踊り舞い、これを八百万の神々がはやしたてます。まさに大宴会。

騒がしい外の様子が気になったアマテラスは、戸を少し開けます。すると踊っているアメノウズメが「あなた様よりも貴い神様がいらっしゃいます」と言うではありませんか。そこへ差し出されたマサカキ。そのマサカキに結ばれた鏡には、美しい女神が映っています。その女神を自分だとは思わずに、アマテラスは身を乗り出します。

その時、岩戸のすぐ横に隠れていたタヂカラオがぐいっとアマテラスの手を握り、外へと引っ張り出します。そしてフトダマがしめ縄を張り、中へ戻れないようにしました。

こうして、世界は光りを取り戻しました。

スポンサードリンク

『アマテラス・ツクヨミ・スサノオの神話』 の記事一覧
  • 神生み勝負

    父神のイザナキの命を受け、アマテラスとツクヨミはそれぞれの統治する国へ赴きます。しかし末っ子のスサノオだけは亡き母神のいる根の国(黄泉の国)に行きたいと、大人になっても泣いてぐずっていました。

  • 五穀の誕生

    田んぼに汚物をまき散らすなど、数々の乱暴を働いたスサノオ。アマテラスを怒らせた罪は重く、高天原の神々はスサノオの追放を決定します。追放にあたってはスサノオは、ひげと爪を切られ、償いの品々を払わされます。

  • スサノオのヤマタノオロチ退治

    追放されたスサノオは、出雲の国の斐伊川の上流に降り立ちました。そこでスサノオは泣いている娘と老夫婦に出会います。名前を尋ねると、夫はアシナヅチ、妻はテナヅチといい、娘はクシナダヒメだと答えました。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.