神生み勝負

PR

父神のイザナキの命を受け、アマテラスとツクヨミはそれぞれの統治する国へ赴きます。しかし末っ子のスサノオだけは亡き母神のいる根の国(黄泉の国)に行きたいと、大人になっても泣いてぐずっていました。その為世界の山々は枯れ、禍々しい神がうごめきだし、災いが広がってしまいます。これに激怒したイザナキは、自分の子であるスサノオを追放してしまいます。

神の国を去るにあたって、せめて姉であるアマテラスに暇乞い(いとまごい)(別れを告げること)をしようと、高天原を訪ねます。しかし、その時もスサノオが乱暴に足音を立てた為、山や川、大地が揺れに揺れました。

これを感じ取ったアマテラスは弟であるスサノオが国を奪おうとしている、と警戒。武器を構えて待ち構えました。アマテラスの元に辿り着いたスサノオは暇乞いしに来ただけです、と訴えますが、アマテラスは信じません。そこでスサオノは自分の潔白を証明する為、「誓約」(うけい)を提案します。

「誓約」とは、古代の占いの一つです。賭のようなもので、この後の神話にもいくつか出てきますのでまとめてそこで説明します。

「誓約」を行う二柱の神。まずアマテラスがスサノオの剣を折り、神聖な泉ですすいだのち、口に入れてばりばりとかみ砕きます。そのかみ砕いて吐き捨てた霧から三柱の女神が生まれました。次はスサノオ。スサノオはアマテラスの玉飾りを取って同じようにかみ砕くと、そこから五柱の男神が誕生します。この時生まれた一柱が後の天皇家の祖となる二ギギの父神です。

するとアマテラスは、玉飾りから生まれた五柱の男神は自分の玉飾りから生まれたのだから、自分の子であると宣言します。これに対しスサノオも、「自分の剣から生まれたのが女神だから、私の潔白は証明されました」と一方的に勝利宣言。良く分りませんね。

『古事記』では勝敗の前提条件が明記されていないので、どうにも決着のつかない状態ですが、『日本書記』は違います。はっきりと「生まれたのが女ならば邪心があり、男ならば清心だ」と前提条件が明記されています。そして生まれたのは女神。邪心があったと、スサノオの負けという結果が書かれています。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA