イザナキの禊

禊とは「水ぎ」ともいい、身体についた汚れを清浄な水で落とすことです。普段は全く意識していませんが、神社の手水屋で手をすすぐのは禊の一つだと言えるでしょう。

命からがら黄泉の国から逃げ帰ってきたイザナキは、身体についた穢れを落とす為に筑紫の日向の阿波伎(あはき)の原(現・宮崎県宮崎市)で禊を行います。

イザナキが衣服や道具(杖、腕輪など)を投げ捨てると、それらから神々が生まれました。そしてさらに水の中に入ると、穢れからヤソマガツヒなど禍々しい神々が生まれました。しかしその一方で、身についた「禍」を直すイズノメなどの神々も生まれました。

次にイザナキは身体をすすぐべく水の中に身体を沈めます。そこで生まれたのは海の神として知られているソコツワタツミ、ナカツワタツミ、ウワツワタツミ。海神と書いてワタツミと読みます。また住吉三神で祀られるウワツツノオノミコト、ナカツツノオノミコト、ソコツツノオノミコトもここで誕生しました。どちらも上、中、底とあるのが面白いですね。

そして、最後にイザナキが顔をすすいだところ、まず左目を洗うとアマテラス(天照大御神)が生まれます。さらに右目を洗うとツクヨミ(月読)、鼻を洗うとスサノオ(須佐之男)が誕生します。この三柱の神の誕生を見たイザナキは、「最後に貴い子が生まれた」と喜びます。そしてアマテラスに高天原を、ツクヨミには夜の国を、スサノオには海原をそれぞれ統治するように命じました。

スポンサードリンク

『イザナギとイザナミの神話』 の記事一覧
  • 日本誕生

    天と地が分かれた所から、日本の創世は始まります。 まず天上界である高天原にアメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カムムスヒといった三柱のが現れては姿を消しました。

  • イザナミの死

    大八島国(日本列島)を産んだイザナキとイザナミは、その後も島を産みます。後に生まれたのは吉備児島、小豆島などの六つの島を生み、国生みは終わります。国生みを終えた後は、二柱の神は次に数多くの神を産みます。 その数は、なんと三五柱。

  • 黄泉の国に訪問

    亡くなったイザナミへの恋しさが募るイザナキ。寂しさに耐えきれなくなったイザナキは、死者の国である黄泉の国へと赴きます。黄泉の国を訪れたイザナキを出迎えるイザナミ。その姿は生前と変わらず、イザナキは国へ一緒に帰ろうと懇願します。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.