日本誕生

天と地が分かれた所から、日本の創世は始まります。

まず天上界である高天原にアメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カムムスヒといった三柱のが現れては姿を消しました。続いて地上がまだクラゲのように漂っている時に、クニノトコタチら二柱の神が現れ、ここまでが男女に分かれる前の単独神(ひとりがみ)。その後に男女対に五組の神々が現れました。この最後に現れた一組の男女が、イザナキとイザナミです。

二柱は他の神々から国土を創るように命じられます。二柱は天地の間にかかる天浮橋の上に立ち、矛でおぼろな地をかき混ぜました。そして矛を引き上げた時、滴り落ちた雫が積み重なって、オノゴロ島ができました。二柱はこの島に降り立ち、社を建てます。

ここでイザナキがイザナミにどんな身体をしているか、尋ねます。イザナミは一箇所できていない所があると答えました。イザナキは「私は一箇所できすぎています。これであなたのできていない所をふさいで、国土を産みたい」と、持ちかけます。イザナミもそれを承諾します。

二柱は早速それぞれ反対側から柱を廻り、出会った所でイザナミが先に声をかけ、契りを結びます。そして生まれたのは骨のないヒルコ。先に女神であるイザナミが声をかけたのがまずかったみたいで、他の神の助言を得ながら二柱はやり直します。

そして無事に、日本列島にあたる八つの島々が生み出されました。

最初に生み出されたヒルコは流され、どこかに辿りついたそうです。その場所は諸説あり、さらに七福神の一柱である恵比寿と同一されています。

スポンサードリンク

『イザナギとイザナミの神話』 の記事一覧
  • イザナミの死

    大八島国(日本列島)を産んだイザナキとイザナミは、その後も島を産みます。後に生まれたのは吉備児島、小豆島などの六つの島を生み、国生みは終わります。国生みを終えた後は、二柱の神は次に数多くの神を産みます。 その数は、なんと三五柱。

  • 黄泉の国に訪問

    亡くなったイザナミへの恋しさが募るイザナキ。寂しさに耐えきれなくなったイザナキは、死者の国である黄泉の国へと赴きます。黄泉の国を訪れたイザナキを出迎えるイザナミ。その姿は生前と変わらず、イザナキは国へ一緒に帰ろうと懇願します。

  • イザナキの禊

    禊とは「水ぎ」ともいい、身体についた汚れを清浄な水で落とすことです。普段は全く意識していませんが、神社の手水屋で手をすすぐのは禊の一つだと言えるでしょう。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.