因幡の白ウサギ

PR

スサノオが出雲に鎮座してから長い年月が過ぎ、六代後の子孫、オオナムチ(後のオオクニヌシ)の物語が始まります。

このオオナムチには八十神(ヤソガミ)と言われる、多くの兄達がいました。ある時かれらは因幡(現在の鳥取県)のヤガミヒメ元へ求婚にでかけます。この時オオナムチは兄達の荷物運びをしながら、その後についていました。

八十神達が気多の岬まで来た所、皮が剥がれて丸裸になった兎が倒れていました。彼らは兎をからかって、「塩水につけて山の上で寝て風に当たればすぐに治る」と、嘘をつきました。これを聞いて実行した兎の皮膚はヒビ割れ、あまりの痛さに泣いていると、そこにオオナムチが通りかかります。

オオナムチが泣いている兎に声をかけると、兎は「私は隠岐の島に住んでいましたが、この地に渡ろうと思い、海に住むワニを利用しようと考えました。ワニにどちらの一族が数が多いか数比べをしようと持ちかけ、ワニの一族を島からこの気多の岬まで並ばせて、その上を数を数えるフリをして渡ってやろうと。始めは上手くいっていたのですが、後一歩という所で、騙している事をうっかり口走ってしまいました。それでワニ達の怒りを買い、皮を剥がされてしまったのです。さらに先程通りかかった八十神に騙され、このような有様となりました」と、答えました。

オオナムチは河の水で身体を洗い、がまの穂を取り、それをまいた上に寝転がれば良いと、治療法を教えてあげました。傷の癒えた兎は喜んで、「あなたがヤガミヒメを妻に出来るでしょう」と、予言しました。

そしてその予言の通り、ヤガミヒメは数いる求婚者の中から、オオナムチを選んだのでした。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA