国造り

葦原中国の主となったオオクニヌシは、さっそく国造りに取りかかります。

その時、海の向こうからガガイモで作った船にのり、ヒムシ(蛾など)の皮で作った衣服をまとった小さな神がやってきました。この神、オオクニヌシが名前を聞いても答えず、共の者に聞いても正体が分りませんでした。そこで物知りなクエビコに尋ねたところ、その神の正体はカムムスヒ(イザナキとイザナミに神生みを命じた別天津神)の子でスクナビコナと判明。そこでカムムスヒに確認したところ、「この子は指の間から零れてしまった子。兄弟となって一緒に国を作りなさい」と、言われました。

そこで二柱の神は力を合わせて国造りを始めます。しかし、完成を前にしてスクナビコナは海の向こうへ帰ってしまいました。

途方に暮れるオオクニヌシ。すると今度はまた海から別の神がやって来ました。その神は海を輝かせながら来て、自分を祀るのならば手を貸そうと、申し出ます。そこでオオクニヌシは現在の三輪山にこの神を祀りました。オオモノヌシの事ですね。

オオクニヌシが行った国造りとは、人々に農業や医術を教え、生活や社会を作る事と考えられています。『古事記』ではあまり具体的に書かれていませんが、各地の『風土記』ではオオクニヌシ、またはオオクニヌシとスクナビコナの二柱の神が医術等の起源だと書かれています。またスクナビコナは農業、オオクニヌシは武力、オオモノヌシは祭事の象徴とも言えるでしょう。

スポンサードリンク

『オオナムチ(オオクニヌシ)の神話』 の記事一覧
  • 因幡の白ウサギ

    スサノオが出雲に鎮座してから長い年月が過ぎ、六代後の子孫、オオナムチ(後のオオクニヌシ)の物語が始まります。 このオオナムチには八十神(ヤソガミ)と言われる、多くの兄達がいました。

  • 八十神の攻撃

    ヤガミヒメがオオナムチを選んだ事で、激怒する八十神達。オオナムチの殺害計画を立てます。 オオナムチを伯多(ほうき)国の手間の山(現在の鳥取県と島根県の境の山)まで連れだし、「ここに赤い猪が居る。

  • スサノオの試練

    スサノオが治める根の堅州国へ辿り着いたオオナムチは、そこで出迎えたスサノオの娘のスセリヒメと恋に落ちました。そんなオオナムチにスサノオは次々と試練を与えます。

  • 神語(かんがたり)

    スサノオの試練を無事に乗り越え、宝まで奪ってきたオオナムチ。国に戻ると八十神を打ち倒して、国土を統一します。葦原中国(地上の世界)の主、オオクニヌシとなりました。 さて、このオオクニヌシは多くの矛を持つ武神、ヤチホコとも呼ばれました。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.