神語(かんがたり)

スサノオの試練を無事に乗り越え、宝まで奪ってきたオオナムチ。国に戻ると八十神を打ち倒して、国土を統一します。葦原中国(地上の世界)の主、オオクニヌシとなりました。

さて、このオオクニヌシは多くの矛を持つ武神、ヤチホコとも呼ばれました。英雄色を好むといいますか、このヤチホコの名前で幾多の女神の元へ通います。正妻はスサオノの娘であるスセリビメ、先に娶っていたヤガミヒメ(因幡の白兎のお話しの時、求婚しに行ったヒメ)は後妻に遠慮して、実家に帰ってしまいます。

ある時ヤチホコは高志(こし)国(現在の北陸)のヌナカワヒメに求婚します。その家の前で、「鳥が鳴いたから夜が明けてしまった、鳥を撃ち殺してしまえ」と、恋しい気持ちを歌います。ヒメは「私はあなたのものですから、鳥は殺さないで」と歌を返し、翌日に結婚します。

これを知ったスセリビメは激しく嫉妬。その嫉妬は尋常ではなく、ヤガミヒメを呼び出した所、ヤガミヒメは嫉妬を恐れて逃げてしまいました。ヤチホコも妻の嫉妬深さには悩まされており、ついに別れの歌を送ります。するとスセリビメは「私にはあなたしかいません。ゆっくりと共寝しましよう」と、ヤチホコの気を引きます。

それを聞いて愛らしさが蘇ったのか、ヤチホコはスセリビメと酒を酌み交わして、以後は仲良く出雲に鎮座したのでした。

こうしたヤチホコの歌物語を神語(かんがたり)といい、男女の問答歌の始まりと言われています。

スポンサードリンク

『オオナムチ(オオクニヌシ)の神話』 の記事一覧
  • 因幡の白ウサギ

    スサノオが出雲に鎮座してから長い年月が過ぎ、六代後の子孫、オオナムチ(後のオオクニヌシ)の物語が始まります。 このオオナムチには八十神(ヤソガミ)と言われる、多くの兄達がいました。

  • 八十神の攻撃

    ヤガミヒメがオオナムチを選んだ事で、激怒する八十神達。オオナムチの殺害計画を立てます。 オオナムチを伯多(ほうき)国の手間の山(現在の鳥取県と島根県の境の山)まで連れだし、「ここに赤い猪が居る。

  • スサノオの試練

    スサノオが治める根の堅州国へ辿り着いたオオナムチは、そこで出迎えたスサノオの娘のスセリヒメと恋に落ちました。そんなオオナムチにスサノオは次々と試練を与えます。

  • 国造り

    葦原中国の主となったオオクニヌシは、さっそく国造りに取りかかります。 その時、海の向こうからガガイモで作った船にのり、ヒムシ(蛾など)の皮で作った衣服をまとった小さな神がやってきました。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.