天孫降臨

PR

オオクニヌシからの国譲りが成立し、ついにオシホミミが地上に降りる時がやって来ました。そんな中、オシホミミは自分に子供が出来たのでそちらを降臨させるよう提案します。アマテラスはこれを了承、地上に降りるのは孫の二ギギとなりました。

いよいよ二ギギが降臨しようとした時、今度は辺り一帯を光輝かせる異形の神が立ちはだかりました。二ギギの命を受けたアメノウズメ(天戸岩から踊りでアマテラスの気を引いた女神)がその神の名を問いただした所、道の案内の為に迎えに来たサルタビコと名乗ります。このサルタビコを先頭にして、神々は地上の世界に降臨します。

二ギギと共に降りたのは、アメノウズメや知恵の神であるオモイカネなど。また勾玉、鏡、スサノオが献上した草薙の剣から成る三種の神器とともに出発しました。アマテラスは別れ際、鏡をアマテラス自身だと思って祀ることと言い、オモイカネには祭司を命じました。この鏡とオモイカネは伊勢の神宮に祀られ、これが伊勢神宮祭祀の始まりだと言われています。

二ギギは雲を押しわけ、筑紫の日向の高千穂の峰に降り立ちました。そしてここは眺めの良い所だと気に入り、宮を建てて住処とします。この高千穂の現在地では数多くの伝承地があり、現在でもここだと決まっていません。

この神話はアマテラスの孫が降臨して地上の支配者となるので、『天孫降臨』と呼ばれています。息子から急遽孫になったのは、当時(古事記編集の辺り)の持統天皇が孫の文武天皇に皇位を継承させたので、それを正当化する為だと言われています。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA