短命の始まり

PR

地上の支配を譲り受けた二ギギはある時、笠沙の岬(現在の能登半島)へと足を運びました。そこで二ギギは国津神オオヤマツミの娘、コノハナサクヤと出会います。その美しさに一目で気に入った二ギギは早速結婚を申し込みます。喜んだオオヤマツミはコノハナサクヤと共に、姉のイワナガも一緒に娶らせます。しかし醜いイワナガを二ギギは嫌い、送り返してしまいます。

それを知ったオオヤマツミは怒って二ギギに言います。「私が娘の二人をおくったのは御子が岩のように永遠の命を保ち、木花の咲くがごとく栄えていくようにと祈りを込めたためでした。それなのにイワナガを送り返して来たからには、御子の命は儚くつきてしまうでしょう」と。この為神である二ギギの子孫である天皇に、寿命ができてしまいました。

一方で、二ギギはコノハナサクヤと一夜の契りを結び、ヒメは身籠もりました。たった一夜で妊娠した事を怪しむ二ギギ。自分の子ではなくて、どこかの国津神との子ではないかと疑います。

コノハナサクヤは怒って、「天孫のお子でないなら無事には生まれないでしょう」と言うや否や、産屋にこもって自ら火を放ちます。そして炎が燃えさかる中でホデリ、ホスセリ、ホヲリの三人の子を無事に出産しました。

コノハナサクヤとの結婚で、天皇の系譜に山の力が加わりました。またコノハナサクヤはこの炎の中での出産という神話から、火を沈める水神をみられ、富士山の噴火を鎮めるための浅間大社に祀られています。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA