ヤマトタケル1

古代の英雄といえばヤマトタケルですね。ここでは古代の英雄、ヤマトタケルをご紹介します。

オオタラシヒコ(第十二代景行天皇)の御世の事です。ある時オオタラシヒコはヲウス(後のヤマトタケル)に、「お前の兄のオオウスは食事の席に出てこない。出て来るように教え諭してきなさい」と命じました。オオウス、父親であるオオタラシヒコが気に入った女性を迎えに行ったものの、その女性を気に入って自分のものにしたくなり、父親を裏切ってその女性と結婚し、別の女性を父親には差し出したのでした。

天皇はそれを知り、悩みながらも咎めませんでした。しかしバツが悪いのか、オオウスは父親を避けます。その態度を改めさせる為、弟のヲウスに説得させに行かせたのです。しばらくして、ヲウスが報告します。「兄を掴みつぶし、手足を引きちぎって投げ捨てました」と。

父の言葉を復讐してこい、と誤解したヲウス。勝手に制裁を加えた事になりますが、敬愛する父親を裏切った不実な兄が許せなかったのです。しかしこの行動は敬愛する父親に、結果的に恐れられてしまいます。勇猛ではあるが、この子の秘める荒々しさは将来きっと災いを招くに違いないと。

この頃九州の南部ではクマソタケルという二人の兄弟が、朝廷に従わずに反抗を続けていました。天皇はヲウスを遠ざける為、クマソタケルの討伐を命じました。この時ヲウスはまだ十五、六歳でした。その勇猛さに天皇が過敏に反応するのも頷けます。

スポンサードリンク

『古代英雄ヤマトタケルの神話』 の記事一覧
  • ヤマトタケル2

    父親に疎まれ、九州のクマソタケル兄弟の討伐を命じられたヲウス。九州に向かう前にヲウスは叔母のヤマトヒメのいる伊勢に立ち寄りました。伊勢にはアマテラスを祀る伊勢神宮があります。そこで、ヲウスは叔母から少女の衣装を授けられます。

  • ヤマトタケル3

    熊襲に加え、出雲まで平定して意気揚々と国に凱旋するヤマトタケル。しかし父親の景行天皇からはねぎらいや賞賛はなく、直ちに次は東の地の遠征を命じられました。 ヤマトタケルは東に向う前に、再び叔母のヤマトヒメの元を訪れて弱音を吐きます。

  • ヤマトタケル4

    無事に婚約者のミヤズヒメの元へと帰ったヤマトタケル。約束通り結婚し、次は伊吹山の神を倒しに行きます。これまで負け無しだったので油断したのか、叔母であるヤマトヒメから授けられた草薙の剣をミヤズヒメの元に置いてきてしまいます。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.