ヤマトタケル2

PR

父親に疎まれ、九州のクマソタケル兄弟の討伐を命じられたヲウス。九州に向かう前にヲウスは叔母のヤマトヒメのいる伊勢に立ち寄りました。伊勢にはアマテラスを祀る伊勢神宮があります。そこで、ヲウスは叔母から少女の衣装を授けられます。ヲウスはその少女の衣装をもって、九州のクマソタケル兄弟の討伐に向いました。

二人の兄弟の屋敷は強固な軍で固められ、迂闊に攻め込められません。じっと機会を待っていると、なんでも近く屋敷の増築完成を祝う宴が開かれるそうです。そこでヲウスは髪を下ろし、叔母からもらった衣装を着て少女に変装し、その姿で宴に潜入します。クマソタケルは女装したヲウスを気に入り、傍に置いて宴を始めました。

宴会も盛り上がり、最高潮に達したとき。大胆にもヲウスは懐にしのばせた剣を取り出して、兄の方の胸をさします。それを目にして、驚いた弟の方は慌てて逃げ出します。弟を追いかけるヲウス。ついに追いつき、後ろから弟の尻に剣を突き刺します。弟は息も絶え絶えに、ヲウスに言います。「西には私達兄弟より強い者はいなかった。しかし大和では違うようだ。私達を超える強者が居た。タケルの名を献上するから、今後はヤマトタケルと呼んで敬います」と、ヲウスの勇敢さを讃えました。

こうしてヲウスはヤマトタケルの名を得て、無事に九州を平定。次は出雲へと向います。出雲でもイズモタケルを見事に打ち倒し、意気揚々と父親の元に戻ります。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA