ヤマトタケル3

熊襲に加え、出雲まで平定して意気揚々と国に凱旋するヤマトタケル。しかし父親の景行天皇からはねぎらいや賞賛はなく、直ちに次は東の地の遠征を命じられました。

ヤマトタケルは東に向う前に、再び叔母のヤマトヒメの元を訪れて弱音を吐きます。「天皇は私など死んでしまえと思っているのでしょう」と嘆きます。ヤマトヒメはそんなヤマトタケルを励ましながら、彼に草薙の剣を授けます。スサノオがヤマトノオロチの体内から取り出した聖剣です。またもしもの事あればこれを開けなさいと、一つの袋も渡しました。それらをもってまずは尾張国(現在の愛知県の辺り)に入ります。そこでミヤズヒメと婚約し、東の遠征に出発します。

東の遠征は苦難の連続でした。ある時は野に荒ぶる神が居ると誘い出され、火を放たれてしまいます。周りを火で囲まれ、まさに絶体絶命の危機。そこでヤマトタケルは叔母から渡された袋を開けます。袋の中には火打石が入っていて、それを見てヤマトタケルは閃きます。まずは剣で草をなぎ払い、火打石で向火をつけ、火同士をぶつけて火を跳ね返します。こうして無事に危機を脱出し、次々と従えて先を行きます。

またある時は走水(はしりみず)の海(現在の浦賀水道)では、嵐で船が沈みかけます。ここまでかと覚悟を決めたとき、同行していた妃のオトタチバナヒメがヤマトタケルの代わりに自ら生け贄となって海に入り、神を宥めました。すると荒波は鎮まり、船は無事に目的地に着きました。七日後にオトタチバナヒメの櫛が海岸に辿り着き、ヤマトタケルは悲しみの中ヒメの墓をつくり、その櫛を納めました。

スポンサードリンク

『古代英雄ヤマトタケルの神話』 の記事一覧
  • ヤマトタケル1

    古代の英雄といえばヤマトタケルですね。ここでは古代の英雄、ヤマトタケルをご紹介します。 オオタラシヒコ(第十二代景行天皇)の御世の事です。ある時オオタラシヒコはヲウス(後のヤマトタケル)に、「お前の兄のオオウスは食事の席に出てこない。

  • ヤマトタケル2

    父親に疎まれ、九州のクマソタケル兄弟の討伐を命じられたヲウス。九州に向かう前にヲウスは叔母のヤマトヒメのいる伊勢に立ち寄りました。伊勢にはアマテラスを祀る伊勢神宮があります。そこで、ヲウスは叔母から少女の衣装を授けられます。

  • ヤマトタケル4

    無事に婚約者のミヤズヒメの元へと帰ったヤマトタケル。約束通り結婚し、次は伊吹山の神を倒しに行きます。これまで負け無しだったので油断したのか、叔母であるヤマトヒメから授けられた草薙の剣をミヤズヒメの元に置いてきてしまいます。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.