ヤマトタケル4

PR

無事に婚約者のミヤズヒメの元へと帰ったヤマトタケル。約束通り結婚し、次は伊吹山の神を倒しに行きます。これまで負け無しだったので油断したのか、叔母であるヤマトヒメから授けられた草薙の剣をミヤズヒメの元に置いてきてしまいます。

伊吹山に着くと、山の中でヤマトタケルは白い猪を見かけます。白い猪を伊吹山の使いだと思ったヤマトタケルは、神を倒した後で狩ろうと白い猪を侮ります。しかし、その白い猪こそが伊吹山の神で、怒った神は大きな雹をヤマトタケルにぶつけます。これに当たったヤマトタケルは正気を失いますが、なんとかようようと泉の所まで辿りつきます。そしてどうにか山をおりますが、だんだんと身体は悪くなっていきます。しかし身体にムチ打って、愛しい故郷大和へと足を進めました。

しかし、ついに己の死期を悟りました。「倭(やまと)は国のまほろば たたなづく青垣 山隠れる 倭しうるはし」(大和は国の中で最も秀でている。重なり合う美しい山々(青垣)、その山々に囲まれた倭は美しい)と歌い、亡くなってしまいました。

ヤマトタケルの死を聞くと、妻子が駆けつけて悲しみました。するとその妻子の目の前でヤマトタケルの魂が白鳥へと姿を変えて、天高く飛び去りました。その白鳥がとまったとされる場所には、白鳥陵が設けられました。そしてヤマトタケルが忘れていった草薙の剣は熱田神宮に奉納されて、この神社の起源となりました。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA