国譲りの使者

オオクニヌシが治める葦原中国は栄えました。その繁栄ぶりは天上の高天原まで届き、アマテラスの目にとまりました。そこでアマテラスは、「葦原中国は私の子オシホミミが治めるべきだ」と、一方的に宣言。早速オシホミミを降らせようとしましたが、どうも地上の国は荒れて騒がしい様子です。なので八百万の神々と相談し、まずは国譲りの使者を送ることを決めます。

そこで選ばれたのは同じくアマテラスの子であるアメノホヒ。しかしこの神、地上に降るとなんと3年もオオクニヌシに懐柔されて、一切報告しませんでした。

次に選ばれたのはアメノワカヒコ。弓と矢も授けられましたが、この神は野心が強く、オオクニヌシの娘であるシタテルヒメと結婚し、国を乗っ取ろうと8年も報告をしませんでした。

不審に思ったアマテラスはキジのナキメを遣わして、その理由を尋ねようとします。ナキメはアメノワカヒコの家の前で大きな鳴き声を上げます。それを聞いたアメノサグメが「うるさいから射殺しては?」と、アメノワカヒコをそそのかします。アメノワカヒコは授けられた弓矢を持ち出すと、ナキメを射殺してしまいます。

その矢はアマテラスとタカギ(イザナキとイザナミに神生みを命じた別天津神)の足下にまで飛びました。そこでタカギは「アメノワカヒコに邪心があればこの矢にて災いを」と誓約を行いました。すると矢はアメノワカヒコの胸を一直線に刺し貫き、その命を奪いました。つまり、邪心があったと証明された訳です。

ここに至り、アマテラスは第四の使者として刀剣の神イツノヲハバリが推薦した、刀剣の神の息子のタケミカヅチにアメノトリフネ(船)をつけて派遣します。

スポンサードリンク

『国譲りの神話』 の記事一覧
  • 国譲り

    第四の使者である剣の神タケミカヅチ。早速オオクニヌシに国譲りを迫ります。すると、オオクニヌシは息子達に聞いてくれと、判断を息子達にゆだねます。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.