三種の神器

PR

剣、鏡、勾玉の事です。最も有名なのはスサノオがヤマタノオロチの体内から取り出した、『草薙の剣』。ヤマトタケルに授けられ、彼の遠征を助けました。

鏡とは『ヤタノカガミ』。アマテラスが岩戸に閉じこもった時に作られたものです。勾玉も同じくアマテラスを岩戸から連れ出す為に作られたもので、名を『ヤサカニノマガタマ』。

三種の神器はただの物、遺物というよりは天皇家の正当性を主張する根拠ともなる物で、南北朝時代では三種の神器を持っていた方が正統、という判定が行われました。また実際に儀式などに使われるのはレプリカで、実物を見た人は居ないそうです。まさに伝説の神器。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA