天津神と国津神

最初に居たのが別天津神、タカギの神やカムムスヒの神の事です。この神らは男女の性差はなく、一人で子を産めました。

次にイザナミとイザナキから生まれたのが天津神。高天原の神々の事です。中でもアマテラス、ツクヨミ、スサノオは三貴子といい、それぞれ天上、夜の世界、海の世界の統治を任せました。

反対にスサノオの系譜となる、地上の神々が国津神と呼ばれます。天上から降りてきた天津神に地上を譲り渡した神々です。元々は大和政権の統治外の地域の、土着の神とも言われています。二ギギを導いたとされるサルタビコも、元は伊勢の土着の神ではないかと言われています。

スポンサードリンク

『日本神話』 の記事一覧
  • 誓約(うけい)とは

    何度か出てきた誓約(うけい)。古代の占いや賭の事ですが、もう誓約と書いて「うけい」と呼ぶのは、日本神話の中だけと思われます。しかしこの「うけい」、現代の日常生活の中でも充分に受け継がれています。

  • 神社の社号について

    全国には八万を超える神社があるでそうです。流石八百万の国。神社には『神宮(じんぐう)』とか『大社(たいしゃ)』がありますね。それらを社号といいます。何故同じ神社なのに社号が違うかというと、祀っている神様がそれぞれに違います。

  • 三種の神器

    剣、鏡、勾玉の事です。最も有名なのはスサノオがヤマタノオロチの体内から取り出した、『草薙の剣』。ヤマトタケルに授けられ、彼の遠征を助けました。 鏡とは『ヤタノカガミ』。アマテラスが岩戸に閉じこもった時に作られたものです。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.