神社の社号について

PR

全国には八万を超える神社があるでそうです。流石八百万の国。神社には『神宮(じんぐう)』とか『大社(たいしゃ)』がありますね。それらを社号といいます。何故同じ神社なのに社号が違うかというと、祀っている神様がそれぞれに違います。

『神宮』とは、天皇家の祖先神を祀る、規模の大きい神社の事です。熱田神宮(アマテラス)、平安神宮(桓武天皇)が有名ですね。

『宮(ぐう)』は天皇家にまつわる人物や人間神等を祀る神社です。北野天満宮(菅原道真)、日光東照宮(徳川家康)が有名。

『大社』は元は出雲大社のみの社号だったのですが、明治以降規模や格の高い神社に使われています。出雲大社(オオクニヌシ)、諏訪大社(タケミナカタ)、春日大社(藤原氏の氏神)が有名です。

『社』は大きな神社から祭神(祀る神)を勧誘している、小規模な神社の事です。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA