天皇家の始まり

PR

山彦ことホヲリと結ばれた海神の娘、トヨタマのヒメ。彼女は臨月を迎えて、夫のホヲリにこう言います。「天孫の子を海では産めません。なのでここで産みます」と、鵜の羽を使って産屋を建て始めました。しかし産屋の完成が間に合わず、ヒメは産気づいてしまいます。そこでヒメはホヲリに「元の姿に戻って産みますから、決して見ないで下さい」と頼み、産屋に籠もりました。

しかし、そうは言われてもやはり気になるホヲリは産屋の中を覗いてしまいます。そこにはなんと、大きなワニがのたうち回っています。驚いたホヲリは逃げ出します。夫の裏切りを知ったトヨタマはもう恥ずかしくてここには居られないと、御子を残したまま海に帰ってしまいます。また海の国との境界も閉じてしまいます。

生まれた御子はウガヤフキアエズと名付けられました。これは、鵜の羽の屋根が出来上がる(葺(ふ)き終わる)前に生まれた、という意味です。母親のトヨタマは妹のタマヨリを遣わして、この御子を育てさせました。そして成長した御子は育ての親であるタマヨリと結婚、四人の子供をもうけます。末子の名はイワレビコ。初代天皇である神武天皇です。

二ギギからホヲリ、ウガヤフキアエズの三代は日向(ひむかい)三代と呼ばれ、神と天皇とを結ぶ重要な役割持っています。地上に降りた二ギギは山の神の娘と、ホヲリは海の神の娘とそれぞれ結ばれ、山と海の力を天皇家にもたらしました。そして万能である天皇でも寿命もあり、海中に自由に出入りできない矛盾を説明しています。

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA