海彦と山彦

PR

二ギギとコノハナサクヤの間に生まれた子のうち、長子のホデリは漁を、三子のホヲリは山での狩り生業にしていました。その為それぞれが海彦、山彦と呼ばれていました。

そんなある日、ホヲリは兄を拝み倒して、獲物を獲る道具を交換しました。しかし、慣れない漁の為、釣り針を海でなくしてしまいました。弁償して謝ろうとしますが、元の釣り針を返せと兄のホデリはとりつく島もありません。途方にくれたホヲリが海辺で立ち尽くしていると、そこへシオツチが現れました。事情をきいたシオツチは竹で編んだ船を作り。これにのってワタツミの宮へ行くように助言しました。

やがてワタツミの宮に辿り着いたホヲリは、木の下で海神ワタツミの娘トヨタマと出会います。トヨタマはホヲリに一目惚れし、ワタツミも喜んで二人の結婚を許しました。そのままワタツミ宮に住み着いて3年、ホヲリは自分がここに来た理由を思い出して悲嘆に暮れました。事情を聞いたワタツミは魚を集めて釣り針を見つけ出し、帰るホヲリに次のような秘策を授けました。

「呪文を唱えながら後ろ手で返しなさい。兄が高い場所に田を作ったら低い場所に、低い場所に作ったら高い場所に田を作りなさい。私が水を操りますから兄は3年で貧しくなります。攻めてこられたらこの塩みつ珠(しおみつたま)と塩乾珠(しおふるたま)で溺れさせてしまいなさい」と。サメに乗って一日で地上に帰り着いたホヲリは、ワタツミの言葉を実行しました。

すると兄は貧しくなり、貧しくなった兄がホヲリを攻撃してくると、ホヲリは二つの珠を使って溺れさせ、ついに兄を降伏させました。こうして、兄は弟の守り人になることを誓いました。

PR

「海彦と山彦」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA