天皇家の始まり

山彦ことホヲリと結ばれた海神の娘、トヨタマのヒメ。彼女は臨月を迎えて、夫のホヲリにこう言います。「天孫の子を海では産めません。なのでここで産みます」と、鵜の羽を使って産屋を建て始めました。しかし産屋の完成が間に合わず、ヒメは産気づいてしまいます。そこでヒメはホヲリに「元の姿に戻って産みますから、決して見ないで下さい」と頼み、産屋に籠もりました。

しかし、そうは言われてもやはり気になるホヲリは産屋の中を覗いてしまいます。そこにはなんと、大きなワニがのたうち回っています。驚いたホヲリは逃げ出します。夫の裏切りを知ったトヨタマはもう恥ずかしくてここには居られないと、御子を残したまま海に帰ってしまいます。また海の国との境界も閉じてしまいます。

“天皇家の始まり” の続きを読む

海彦と山彦

二ギギとコノハナサクヤの間に生まれた子のうち、長子のホデリは漁を、三子のホヲリは山での狩り生業にしていました。その為それぞれが海彦、山彦と呼ばれていました。

そんなある日、ホヲリは兄を拝み倒して、獲物を獲る道具を交換しました。しかし、慣れない漁の為、釣り針を海でなくしてしまいました。弁償して謝ろうとしますが、元の釣り針を返せと兄のホデリはとりつく島もありません。途方にくれたホヲリが海辺で立ち尽くしていると、そこへシオツチが現れました。事情をきいたシオツチは竹で編んだ船を作り。これにのってワタツミの宮へ行くように助言しました。

“海彦と山彦” の続きを読む

短命の始まり

地上の支配を譲り受けた二ギギはある時、笠沙の岬(現在の能登半島)へと足を運びました。そこで二ギギは国津神オオヤマツミの娘、コノハナサクヤと出会います。その美しさに一目で気に入った二ギギは早速結婚を申し込みます。喜んだオオヤマツミはコノハナサクヤと共に、姉のイワナガも一緒に娶らせます。しかし醜いイワナガを二ギギは嫌い、送り返してしまいます。

それを知ったオオヤマツミは怒って二ギギに言います。「私が娘の二人をおくったのは御子が岩のように永遠の命を保ち、木花の咲くがごとく栄えていくようにと祈りを込めたためでした。それなのにイワナガを送り返して来たからには、御子の命は儚くつきてしまうでしょう」と。この為神である二ギギの子孫である天皇に、寿命ができてしまいました。

“短命の始まり” の続きを読む

天孫降臨

オオクニヌシからの国譲りが成立し、ついにオシホミミが地上に降りる時がやって来ました。そんな中、オシホミミは自分に子供が出来たのでそちらを降臨させるよう提案します。アマテラスはこれを了承、地上に降りるのは孫の二ギギとなりました。

いよいよ二ギギが降臨しようとした時、今度は辺り一帯を光輝かせる異形の神が立ちはだかりました。二ギギの命を受けたアメノウズメ(天戸岩から踊りでアマテラスの気を引いた女神)がその神の名を問いただした所、道の案内の為に迎えに来たサルタビコと名乗ります。このサルタビコを先頭にして、神々は地上の世界に降臨します。

“天孫降臨” の続きを読む

国譲り

第四の使者である剣の神タケミカヅチ。早速オオクニヌシに国譲りを迫ります。すると、オオクニヌシは息子達に聞いてくれと、判断を息子達にゆだねます。

その息子のヤエコトシロヌシは美保の岬で釣りをしているというので、タケミカヅチはアメノトリフネで向かいます。やってきたタケミカヅチに対し、コトシロヌシは「お言葉に従います」と答えます。しかし自分の乗ってきた船をひっくり返して、ひっくり返した船に隠れてしまいます。この行動については諸説ありますが、内心では反抗している現れではないかと言われています。

“国譲り” の続きを読む

国譲りの使者

オオクニヌシが治める葦原中国は栄えました。その繁栄ぶりは天上の高天原まで届き、アマテラスの目にとまりました。そこでアマテラスは、「葦原中国は私の子オシホミミが治めるべきだ」と、一方的に宣言。早速オシホミミを降らせようとしましたが、どうも地上の国は荒れて騒がしい様子です。なので八百万の神々と相談し、まずは国譲りの使者を送ることを決めます。

そこで選ばれたのは同じくアマテラスの子であるアメノホヒ。しかしこの神、地上に降るとなんと3年もオオクニヌシに懐柔されて、一切報告しませんでした。

“国譲りの使者” の続きを読む

国造り

葦原中国の主となったオオクニヌシは、さっそく国造りに取りかかります。

その時、海の向こうからガガイモで作った船にのり、ヒムシ(蛾など)の皮で作った衣服をまとった小さな神がやってきました。この神、オオクニヌシが名前を聞いても答えず、共の者に聞いても正体が分りませんでした。そこで物知りなクエビコに尋ねたところ、その神の正体はカムムスヒ(イザナキとイザナミに神生みを命じた別天津神)の子でスクナビコナと判明。そこでカムムスヒに確認したところ、「この子は指の間から零れてしまった子。兄弟となって一緒に国を作りなさい」と、言われました。

“国造り” の続きを読む

神語(かんがたり)

スサノオの試練を無事に乗り越え、宝まで奪ってきたオオナムチ。国に戻ると八十神を打ち倒して、国土を統一します。葦原中国(地上の世界)の主、オオクニヌシとなりました。

さて、このオオクニヌシは多くの矛を持つ武神、ヤチホコとも呼ばれました。英雄色を好むといいますか、このヤチホコの名前で幾多の女神の元へ通います。正妻はスサオノの娘であるスセリビメ、先に娶っていたヤガミヒメ(因幡の白兎のお話しの時、求婚しに行ったヒメ)は後妻に遠慮して、実家に帰ってしまいます。

“神語(かんがたり)” の続きを読む

スサノオの試練

スサノオが治める根の堅州国へ辿り着いたオオナムチは、そこで出迎えたスサノオの娘のスセリヒメと恋に落ちました。そんなオオナムチにスサノオは次々と試練を与えます。

最初の試練は、まずオオナムチを蛇が這い回る部屋に通し、その部屋で寝るように命じました。するとスセリヒメがこっそりとオオナムチに布を渡します。この布を振ると蛇はオオナムチを避け、無事に過ごせました。翌日は百足と蜂の部屋に入れられましたが、またもスセリヒメが授けた布で切り抜けます。

“スサノオの試練” の続きを読む

八十神の攻撃

ヤガミヒメがオオナムチを選んだ事で、激怒する八十神達。オオナムチの殺害計画を立てます。

オオナムチを伯多(ほうき)国の手間の山(現在の鳥取県と島根県の境の山)まで連れだし、「ここに赤い猪が居る。上から猪を追い落とすから、お前は下で捕まえろ」と命じます。しかし、落ちてきたのは火で焼いた大石。それをまともに受けてしまったオオナムチは、大石に焼き潰されてしまいました。

“八十神の攻撃” の続きを読む