天津神と国津神

最初に居たのが別天津神、タカギの神やカムムスヒの神の事です。この神らは男女の性差はなく、一人で子を産めました。

次にイザナミとイザナキから生まれたのが天津神。高天原の神々の事です。中でもアマテラス、ツクヨミ、スサノオは三貴子といい、それぞれ天上、夜の世界、海の世界の統治を任せました。

“天津神と国津神” の続きを読む

神社の社号について

全国には八万を超える神社があるでそうです。流石八百万の国。神社には『神宮(じんぐう)』とか『大社(たいしゃ)』がありますね。それらを社号といいます。何故同じ神社なのに社号が違うかというと、祀っている神様がそれぞれに違います。

『神宮』とは、天皇家の祖先神を祀る、規模の大きい神社の事です。熱田神宮(アマテラス)、平安神宮(桓武天皇)が有名ですね。

“神社の社号について” の続きを読む

誓約(うけい)とは

何度か出てきた誓約(うけい)。古代の占いや賭の事ですが、もう誓約と書いて「うけい」と呼ぶのは、日本神話の中だけと思われます。しかしこの「うけい」、現代の日常生活の中でも充分に受け継がれています。

まず最初に出て来るのはアマテラスとスサノオの神生み勝負の時。お互いが産む神の性別を予め宣言し、外れたら負けというものです。その次はタカギの神が行った、「御子に邪心があれば胸を射よ」と宣言して、矢を投げ返した時。矢は野心を持った御子を見事に射殺しました。また二ギギの妻であるコノハナサクヤヒメが行った、炎の中での出産。もし神(二ギギ)の子であれば無事に生まれるでしょうと宣言し、自ら産屋に火を放ちました。そして二ギギの子であったので、炎の中でも無事に三人の子が生まれました。

“誓約(うけい)とは” の続きを読む

古事記と日本書紀の違い

古事記が先に書かれ始め、完成する前に日本書紀も編集され始めました。二つは同じ天武天皇の命によって制作されます。

その理由は、天武天皇が即位される前に起こった古代史最大の内乱『壬申の乱』等により、それまでの歴史書(『天皇記』等)が焼失してしまったからです。各有力な豪族達はそれぞれの家の歴史書があり、しかし天皇家の物は焼失してしまいました。これを憂いた天武天皇が正統な歴史書として『古事記』を、その後に『日本書紀』の制作を命じました。

“古事記と日本書紀の違い” の続きを読む

古事記とは

日本最古の歴史書で、天武(てんむ)天皇の命によって、大安万侶(おおのやすまろ)が書いて編集したものです。

上巻、中巻、下巻の三巻で構成されています。上巻はイザナミやイザナキ、アマテラスやスサノオと言った神代を。中巻、下巻は推古天皇までの、歴代の天皇の業績が描かれています。

“古事記とは” の続きを読む

日本書記とは

『古事記』と同じく、天武天皇の命によって制作された歴史書です。全三〇巻と系図が一巻。全三巻の古事記と違い、とても長いです。『日本書紀』の制作には多くの官僚が携わり、国家プロジェクトだったと言われています。この後に『続日本記』、『日本後記』、『続日本後紀』等が続き、まとめて六国史と言われます。

『古事記』と同じく日本の誕生神話から始まり、終わりは持統天皇まで。持統天皇は制作を命じた天武天皇の前代です。天武天皇からすれば、つい最近の事ですね。『古事記』が神話の部分に三分の一も当てたのに対し、『日本書紀』では二巻のみ。十五分の一で、後の時代になるにつれ、記述量も増えていきます。

“日本書記とは” の続きを読む