神話の後 

初代天皇、イワレナビコ(神武天皇)が登場する所で、古事記の上巻は終わります。神話はここまでで、イワレナビコからは神ではなく人の時代の始まりです。最もイワレナビコは実在の人物ではなく、架空の人物とされています。が、その元となった人物達は存在し、イワレビコの東征軍が進んだ経路上には遺跡が次々と発見されています。

当時、天皇家に従わぬ者達も居ました。歴史的に言えば強い力を持った豪族、古事記風にいえばまつろわぬ神(者)達。それらをイワレビコが従えていきます。ここで有名な三本の足を持つ八咫烏も登場します。彼(?)は神の使いで、イワレビコ達を導きました。

“神話の後 ” の続きを読む

ヤマトタケル4

無事に婚約者のミヤズヒメの元へと帰ったヤマトタケル。約束通り結婚し、次は伊吹山の神を倒しに行きます。これまで負け無しだったので油断したのか、叔母であるヤマトヒメから授けられた草薙の剣をミヤズヒメの元に置いてきてしまいます。

伊吹山に着くと、山の中でヤマトタケルは白い猪を見かけます。白い猪を伊吹山の使いだと思ったヤマトタケルは、神を倒した後で狩ろうと白い猪を侮ります。しかし、その白い猪こそが伊吹山の神で、怒った神は大きな雹をヤマトタケルにぶつけます。これに当たったヤマトタケルは正気を失いますが、なんとかようようと泉の所まで辿りつきます。そしてどうにか山をおりますが、だんだんと身体は悪くなっていきます。しかし身体にムチ打って、愛しい故郷大和へと足を進めました。

“ヤマトタケル4” の続きを読む

ヤマトタケル3

熊襲に加え、出雲まで平定して意気揚々と国に凱旋するヤマトタケル。しかし父親の景行天皇からはねぎらいや賞賛はなく、直ちに次は東の地の遠征を命じられました。

ヤマトタケルは東に向う前に、再び叔母のヤマトヒメの元を訪れて弱音を吐きます。「天皇は私など死んでしまえと思っているのでしょう」と嘆きます。ヤマトヒメはそんなヤマトタケルを励ましながら、彼に草薙の剣を授けます。スサノオがヤマトノオロチの体内から取り出した聖剣です。またもしもの事あればこれを開けなさいと、一つの袋も渡しました。それらをもってまずは尾張国(現在の愛知県の辺り)に入ります。そこでミヤズヒメと婚約し、東の遠征に出発します。

“ヤマトタケル3” の続きを読む

ヤマトタケル2

父親に疎まれ、九州のクマソタケル兄弟の討伐を命じられたヲウス。九州に向かう前にヲウスは叔母のヤマトヒメのいる伊勢に立ち寄りました。伊勢にはアマテラスを祀る伊勢神宮があります。そこで、ヲウスは叔母から少女の衣装を授けられます。ヲウスはその少女の衣装をもって、九州のクマソタケル兄弟の討伐に向いました。

二人の兄弟の屋敷は強固な軍で固められ、迂闊に攻め込められません。じっと機会を待っていると、なんでも近く屋敷の増築完成を祝う宴が開かれるそうです。そこでヲウスは髪を下ろし、叔母からもらった衣装を着て少女に変装し、その姿で宴に潜入します。クマソタケルは女装したヲウスを気に入り、傍に置いて宴を始めました。

“ヤマトタケル2” の続きを読む

ヤマトタケル1

古代の英雄といえばヤマトタケルですね。ここでは古代の英雄、ヤマトタケルをご紹介します。

オオタラシヒコ(第十二代景行天皇)の御世の事です。ある時オオタラシヒコはヲウス(後のヤマトタケル)に、「お前の兄のオオウスは食事の席に出てこない。出て来るように教え諭してきなさい」と命じました。オオウス、父親であるオオタラシヒコが気に入った女性を迎えに行ったものの、その女性を気に入って自分のものにしたくなり、父親を裏切ってその女性と結婚し、別の女性を父親には差し出したのでした。

“ヤマトタケル1” の続きを読む