イザナキの禊

禊とは「水ぎ」ともいい、身体についた汚れを清浄な水で落とすことです。普段は全く意識していませんが、神社の手水屋で手をすすぐのは禊の一つだと言えるでしょう。

命からがら黄泉の国から逃げ帰ってきたイザナキは、身体についた穢れを落とす為に筑紫の日向の阿波伎(あはき)の原(現・宮崎県宮崎市)で禊を行います。

“イザナキの禊” の続きを読む

黄泉の国に訪問

亡くなったイザナミへの恋しさが募るイザナキ。寂しさに耐えきれなくなったイザナキは、死者の国である黄泉の国へと赴きます。黄泉の国を訪れたイザナキを出迎えるイザナミ。その姿は生前と変わらず、イザナキは国へ一緒に帰ろうと懇願します。

イザナミは自分は黄泉の食べ物を食べたので(ヨモツヘグイと言います)、そう簡単に帰れない。黄泉の国の神に許しをもらってくるので、待っていて欲しい。そして「その間、私の姿は見ないでください」と、言い残して奥へと入ります。

“黄泉の国に訪問” の続きを読む

イザナミの死

大八島国(日本列島)を産んだイザナキとイザナミは、その後も島を産みます。後に生まれたのは吉備児島、小豆島などの六つの島を生み、国生みは終わります。国生みを終えた後は、二柱の神は次に数多くの神を産みます。

その数は、なんと三五柱。

“イザナミの死” の続きを読む

日本誕生

天と地が分かれた所から、日本の創世は始まります。

まず天上界である高天原にアメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カムムスヒといった三柱のが現れては姿を消しました。続いて地上がまだクラゲのように漂っている時に、クニノトコタチら二柱の神が現れ、ここまでが男女に分かれる前の単独神(ひとりがみ)。その後に男女対に五組の神々が現れました。この最後に現れた一組の男女が、イザナキとイザナミです。

“日本誕生” の続きを読む