短命の始まり

地上の支配を譲り受けた二ギギはある時、笠沙の岬(現在の能登半島)へと足を運びました。そこで二ギギは国津神オオヤマツミの娘、コノハナサクヤと出会います。その美しさに一目で気に入った二ギギは早速結婚を申し込みます。喜んだオオヤマツミはコノハナサクヤと共に、姉のイワナガも一緒に娶らせます。しかし醜いイワナガを二ギギは嫌い、送り返してしまいます。

それを知ったオオヤマツミは怒って二ギギに言います。「私が娘の二人をおくったのは御子が岩のように永遠の命を保ち、木花の咲くがごとく栄えていくようにと祈りを込めたためでした。それなのにイワナガを送り返して来たからには、御子の命は儚くつきてしまうでしょう」と。この為神である二ギギの子孫である天皇に、寿命ができてしまいました。

“短命の始まり” の続きを読む

天孫降臨

オオクニヌシからの国譲りが成立し、ついにオシホミミが地上に降りる時がやって来ました。そんな中、オシホミミは自分に子供が出来たのでそちらを降臨させるよう提案します。アマテラスはこれを了承、地上に降りるのは孫の二ギギとなりました。

いよいよ二ギギが降臨しようとした時、今度は辺り一帯を光輝かせる異形の神が立ちはだかりました。二ギギの命を受けたアメノウズメ(天戸岩から踊りでアマテラスの気を引いた女神)がその神の名を問いただした所、道の案内の為に迎えに来たサルタビコと名乗ります。このサルタビコを先頭にして、神々は地上の世界に降臨します。

“天孫降臨” の続きを読む