天皇家の始まり

山彦ことホヲリと結ばれた海神の娘、トヨタマのヒメ。彼女は臨月を迎えて、夫のホヲリにこう言います。「天孫の子を海では産めません。なのでここで産みます」と、鵜の羽を使って産屋を建て始めました。しかし産屋の完成が間に合わず、ヒメは産気づいてしまいます。そこでヒメはホヲリに「元の姿に戻って産みますから、決して見ないで下さい」と頼み、産屋に籠もりました。

しかし、そうは言われてもやはり気になるホヲリは産屋の中を覗いてしまいます。そこにはなんと、大きなワニがのたうち回っています。驚いたホヲリは逃げ出します。夫の裏切りを知ったトヨタマはもう恥ずかしくてここには居られないと、御子を残したまま海に帰ってしまいます。また海の国との境界も閉じてしまいます。

“天皇家の始まり” の続きを読む

海彦と山彦

二ギギとコノハナサクヤの間に生まれた子のうち、長子のホデリは漁を、三子のホヲリは山での狩り生業にしていました。その為それぞれが海彦、山彦と呼ばれていました。

そんなある日、ホヲリは兄を拝み倒して、獲物を獲る道具を交換しました。しかし、慣れない漁の為、釣り針を海でなくしてしまいました。弁償して謝ろうとしますが、元の釣り針を返せと兄のホデリはとりつく島もありません。途方にくれたホヲリが海辺で立ち尽くしていると、そこへシオツチが現れました。事情をきいたシオツチは竹で編んだ船を作り。これにのってワタツミの宮へ行くように助言しました。

“海彦と山彦” の続きを読む