国譲りの使者

オオクニヌシが治める葦原中国は栄えました。その繁栄ぶりは天上の高天原まで届き、アマテラスの目にとまりました。そこでアマテラスは、「葦原中国は私の子オシホミミが治めるべきだ」と、一方的に宣言。早速オシホミミを降らせようとしましたが、どうも地上の国は荒れて騒がしい様子です。なので八百万の神々と相談し、まずは国譲りの使者を送ることを決めます。

そこで選ばれたのは同じくアマテラスの子であるアメノホヒ。しかしこの神、地上に降るとなんと3年もオオクニヌシに懐柔されて、一切報告しませんでした。

“国譲りの使者” の続きを読む

国造り

葦原中国の主となったオオクニヌシは、さっそく国造りに取りかかります。

その時、海の向こうからガガイモで作った船にのり、ヒムシ(蛾など)の皮で作った衣服をまとった小さな神がやってきました。この神、オオクニヌシが名前を聞いても答えず、共の者に聞いても正体が分りませんでした。そこで物知りなクエビコに尋ねたところ、その神の正体はカムムスヒ(イザナキとイザナミに神生みを命じた別天津神)の子でスクナビコナと判明。そこでカムムスヒに確認したところ、「この子は指の間から零れてしまった子。兄弟となって一緒に国を作りなさい」と、言われました。

“国造り” の続きを読む

神語(かんがたり)

スサノオの試練を無事に乗り越え、宝まで奪ってきたオオナムチ。国に戻ると八十神を打ち倒して、国土を統一します。葦原中国(地上の世界)の主、オオクニヌシとなりました。

さて、このオオクニヌシは多くの矛を持つ武神、ヤチホコとも呼ばれました。英雄色を好むといいますか、このヤチホコの名前で幾多の女神の元へ通います。正妻はスサオノの娘であるスセリビメ、先に娶っていたヤガミヒメ(因幡の白兎のお話しの時、求婚しに行ったヒメ)は後妻に遠慮して、実家に帰ってしまいます。

“神語(かんがたり)” の続きを読む

スサノオの試練

スサノオが治める根の堅州国へ辿り着いたオオナムチは、そこで出迎えたスサノオの娘のスセリヒメと恋に落ちました。そんなオオナムチにスサノオは次々と試練を与えます。

最初の試練は、まずオオナムチを蛇が這い回る部屋に通し、その部屋で寝るように命じました。するとスセリヒメがこっそりとオオナムチに布を渡します。この布を振ると蛇はオオナムチを避け、無事に過ごせました。翌日は百足と蜂の部屋に入れられましたが、またもスセリヒメが授けた布で切り抜けます。

“スサノオの試練” の続きを読む

八十神の攻撃

ヤガミヒメがオオナムチを選んだ事で、激怒する八十神達。オオナムチの殺害計画を立てます。

オオナムチを伯多(ほうき)国の手間の山(現在の鳥取県と島根県の境の山)まで連れだし、「ここに赤い猪が居る。上から猪を追い落とすから、お前は下で捕まえろ」と命じます。しかし、落ちてきたのは火で焼いた大石。それをまともに受けてしまったオオナムチは、大石に焼き潰されてしまいました。

“八十神の攻撃” の続きを読む

因幡の白ウサギ

スサノオが出雲に鎮座してから長い年月が過ぎ、六代後の子孫、オオナムチ(後のオオクニヌシ)の物語が始まります。

このオオナムチには八十神(ヤソガミ)と言われる、多くの兄達がいました。ある時かれらは因幡(現在の鳥取県)のヤガミヒメ元へ求婚にでかけます。この時オオナムチは兄達の荷物運びをしながら、その後についていました。

“因幡の白ウサギ” の続きを読む

スサノオのヤマタノオロチ退治

追放されたスサノオは、出雲の国の斐伊川の上流に降り立ちました。そこでスサノオは泣いている娘と老夫婦に出会います。名前を尋ねると、夫はアシナヅチ、妻はテナヅチといい、娘はクシナダヒメだと答えました。更にスサノオが泣いている理由を尋ねると、「ヤマタノオロチが毎年やってきて、八人居た娘のうち七人まで食べてしまいました。今もまた、ヤマタノオロチヤマトノが来る頃で、この娘も犠牲になってしまいます」と、泣き崩れました。

詳しくきくと、ヤマタノオロチはその名の通り八つの頭と尾を持ち、谷や山の屋根を八つも超える巨大な蛇。その目は赤く燃え、いつも血で爛れている怪物だと言います。

“スサノオのヤマタノオロチ退治” の続きを読む

五穀の誕生

田んぼに汚物をまき散らすなど、数々の乱暴を働いたスサノオ。アマテラスを怒らせた罪は重く、高天原の神々はスサノオの追放を決定します。追放にあたってはスサノオは、ひげと爪を切られ、償いの品々を払わされます。ひげと爪は穢れが溜まりやすいと考えられていました。そのひげと爪を切ること身についた穢れを落とすこと、償いの品々を支払うのは罪を償うことを表しています。

こうして高天原から追放されたスサノオ。道すがら、穀物の女神オオゲツヒメに食べ物を求めました。オオゲツヒメは求めに応じますが、鼻や口、尻から食物を出した為、スサノオは汚らわしいと激怒。オオゲツヒメを斬り殺してしまいます。

“五穀の誕生” の続きを読む

天岩戸

「誓約」の後、スサノオは勝った事に調子に乗り、アマテラスの田んぼを壊し、御殿で汚物をまき散らす等の乱暴を働きます。スサノオがやらかす度にアマテラスは弟を庇いますが、調子に乗ったスサノオは止まりません。ついに機織りの部屋に馬の皮を投げ入れ、それによって中に居た機織女が死んでしまいます。

これにはついにアマテラスの堪忍袋の緒が切れ、天岩戸に閉じこもってしまいました。太陽の化身でもあるアマテラスが天岩戸に隠れた為、世界は闇に閉ざされてしまいます。八百万の神々は集まって相談し、思慮の神オモイカネを中心に作戦をたてます。

“天岩戸” の続きを読む

神生み勝負

父神のイザナキの命を受け、アマテラスとツクヨミはそれぞれの統治する国へ赴きます。しかし末っ子のスサノオだけは亡き母神のいる根の国(黄泉の国)に行きたいと、大人になっても泣いてぐずっていました。その為世界の山々は枯れ、禍々しい神がうごめきだし、災いが広がってしまいます。これに激怒したイザナキは、自分の子であるスサノオを追放してしまいます。

神の国を去るにあたって、せめて姉であるアマテラスに暇乞い(いとまごい)(別れを告げること)をしようと、高天原を訪ねます。しかし、その時もスサノオが乱暴に足音を立てた為、山や川、大地が揺れに揺れました。

“神生み勝負” の続きを読む