スサノオの試練

スサノオが治める根の堅州国へ辿り着いたオオナムチは、そこで出迎えたスサノオの娘のスセリヒメと恋に落ちました。そんなオオナムチにスサノオは次々と試練を与えます。

最初の試練は、まずオオナムチを蛇が這い回る部屋に通し、その部屋で寝るように命じました。するとスセリヒメがこっそりとオオナムチに布を渡します。この布を振ると蛇はオオナムチを避け、無事に過ごせました。翌日は百足と蜂の部屋に入れられましたが、またもスセリヒメが授けた布で切り抜けます。

次にスサノオは野に放った矢を探せと命じます。オオナムチが野に入ると、なんとスサノオは周囲に放火、オオナムチは炎に取り囲まれてしまいます。絶体絶命の危機ですが、鼠が「内はホラホラ、外はズブズブ」と鳴きます。それにピンと来たオオナムチは地下の穴を見つけて身を隠し、炎をやり過ごしました。死んだ思ったオオナムチが姿を現しては、スサノオもオオナムチを認めない訳にはいきません。

そこで、最後にスサノオは自分の頭のシラミ取りを命じます。しかし、スサノオの頭にいたのは無数の百足。オオナムチはスセリヒメから渡されたムクの木の実と赤土を一緒に口に含んで、唾を吐き出しました。スサノオは百足を咬んで吐き出していると思い込み、安心して寝てしまいます。

スサノオが眠ってしまうと、オオナムチは素早くスサノオの髪をわけて木に結びつけ、部屋の入り口を大岩で塞ぎ、スサノオの宝物である生太刀と生弓矢、天の詔琴を奪い、スセリヒメと共に逃げ出しました。生太刀と生弓矢とは、命溢れる武具であり、スサノオの武力の象徴です。また天の詔琴は予言などをする時に使う物で、神秘と神聖さの象徴です。

逃げる途中、うっかり天の詔琴を木の枝にぶつけて大きな音を立ててしまうオオナムチ。その音でスサノオは目覚め、追いかけますが髪がくくりつけられていたりして、オオナムチには逃げられてしまいます。

最後にスサノオはオオナムチに、「それらの宝をもって兄弟を倒し、葦原中国の王、オオクニヌシとなれ」と、二人を送り出します。

こうしてオオナムチ改めオオクニヌシは葦原中国の主となりました。

スポンサードリンク

『オオナムチ(オオクニヌシ)の神話』 の記事一覧
  • 因幡の白ウサギ

    スサノオが出雲に鎮座してから長い年月が過ぎ、六代後の子孫、オオナムチ(後のオオクニヌシ)の物語が始まります。 このオオナムチには八十神(ヤソガミ)と言われる、多くの兄達がいました。

  • 八十神の攻撃

    ヤガミヒメがオオナムチを選んだ事で、激怒する八十神達。オオナムチの殺害計画を立てます。 オオナムチを伯多(ほうき)国の手間の山(現在の鳥取県と島根県の境の山)まで連れだし、「ここに赤い猪が居る。

  • 神語(かんがたり)

    スサノオの試練を無事に乗り越え、宝まで奪ってきたオオナムチ。国に戻ると八十神を打ち倒して、国土を統一します。葦原中国(地上の世界)の主、オオクニヌシとなりました。 さて、このオオクニヌシは多くの矛を持つ武神、ヤチホコとも呼ばれました。

  • 国造り

    葦原中国の主となったオオクニヌシは、さっそく国造りに取りかかります。 その時、海の向こうからガガイモで作った船にのり、ヒムシ(蛾など)の皮で作った衣服をまとった小さな神がやってきました。

退職理由で使われる例文ランキング

最近もパスドラやモンストなど有名ゲームでも名前を見るようになった日本神話の神様たち。それらは日本書紀や古事記を出典としています。僕自身、神話や伝記などが好きだったので、今回まとめてサイトで公開してみました。

Copyright© 2014 日本神話の簡単な流れをまとめました All Rights Reserved.